祈ってたら神様が教えてくれはるンや
読書感想文が続きますが〜…

「おかんとボクの信仰継承」ー大嶋重徳ー を読みました。
なぜかというと、バスででかける用事があり、小さなカバンに入れるのにちょうどいいコンパクトさだったのと、
教会の、私の主人と同い年のK姉が、著者さんと大学時代の知り合いだと聞いたことがあったので。

いやいやおもしろくてあっという間に読みました〜。
帯の「笑えて泣ける家族の話」というキャッチフレーズがそのままでした。

うちの子どもはぼちぼち思春期に入りつつあり、親として、少年少女時代と違うシフトチェンジを考えさせられているところなのですが、ちょうどそういう時期にさしかかっている親が読むと励まされる1冊だと思いました。

この日本で、日本人が、信仰継承することのリアルな戦いが、まさに笑いあり涙ありの明るいタッチで描かれています。
お父さんはノンクリスチャンなのですが。でもこのお父さんとのやり取りも大変ユニークです。

最後の方には、親となり、信仰を繋ぐ側になっての葛藤の日々が少し載せられています。

●形式や口だけではない、ホンモノの中身のある信仰を持って、本気で正面からぶつかっていくこと。
●よく祈って、鋭い嗅覚をもち、ここぞというときにタイムリーな忠告、または励ましができること。

そのようなことの大切さが、全体を通して心に残りました。
最後に少し抜粋。


「子どもと向き合う」という姿勢が大切なんだと思う。聖書を本気で信じる親が、子どもと目と目を合わせて向き合うことから逃げ出さないこと、後回しにしないことが大切だ。…野性的な嗅覚で、天性のひらめきで、親だけがもつ勘で、子どもが約束したことを守らずに逃げ出そうとしたとき、神様から目を背けようとしているときに、一歩も引かずに向き合った。


おかんの嗅覚の鋭さも祈りからきている。
おかんに「なんでいろいろこっちのことがわかんの?」と聞くと、「祈ってたら、神様が教えてくれはるンや。へへっ」と言ってのける。
信仰継承は祈りだ。いや祈りでしかない。子どもに何を語りかけるか、すべては祈りの中で神様からいただいていくより、信仰継承の道はない。主から、みことばと祈りで教えていただきながら子育てをなすこと。自分はおかんのように、子どもと関わる言葉を祈りの中で手に入れているだろうか。


 
| 子育て | 20:06 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
igりんバプテスマ受浸感謝のあかし
婦人会の週報に掲載したものです。


12月29日、息子のigりん(小学校4年生)がバプテスマを受けることができました。ここまで守られてきたことを主に感謝いたします。婦人会の皆様にはいつもお祈りいただき感謝いたします。バプテスマ式には、まだ信仰をもっていない私の父(igりんにとってはジイジ)もスーツを着て出席してくれました。ドイツ在住の私の兄もちょうど帰国中で、見てもらうことができました。


現在6年生のお姉ちゃんや、まわりの同世代の友達は、ほとんどが2年前にバプテスマを受けました。igりんはいつもマイペースで、いつ決心するのかなあと思っていましたが、昨年夏のバイブルキャンプで、2年前にはいなかったたくさんのお友達と一緒にバプテスマ決心をすることができたことは、すばらしい祝福でした。

証しで述べていましたが、igりんは3歳7ヶ月のときに家で一緒にイエス様を信じるお祈りをしました。2歳上のお姉ちゃんに、福音がわかっているか再確認しようと話していると、igりんが「ぼくもう信じてる!もうわかってる!」と言いました。それで、じゃあ神様にそのことをお祈りしようね、とお祈りしました。今回バプテスマの証しを書くにあたって、igりんにその話をすると、まったく覚えていませんでした(笑)。でも、これも証しにありました通り、幼稚科クラスの先生からもよく教えていただき、一緒に祈っていただいたりしたようです。

教会が大好きで、日曜日や水曜アワナ、第3土曜ホサナキッズ、その他の毎週土曜日も奉仕に行く私達と一緒に、すべてに喜んで来ています。私たちはigりんの小学校入学と同時に教会の近くに引っ越し、通うことになった小学校は、教会に最も近い小学校でした。お友達の家が教会のまわりを東西南北ぐるっと囲んでいます。igりんは自分から教会に友達を誘う、ということはあまりないのですが、igりんのいるところには友達が集まるという人徳(?)が用いられてか、これまで数えきれないくらいたくさんの友達が教会に来てくれました。いつも夢を見ているような思いでお友達が教会に来てくれるのを見てきました。イエス様を信じた友達もいます。感謝します。続けてきている友達は今はいませんが、いつか蒔かれた種が芽を出しますように祈ります。日曜学校の先生方、またアワナもですが、楽しいプログラムを準備し、子どもの魂のために祈り、熱心に働き続けて下さっている先生方のご労苦があってこそであると思い、心より感謝しております。

これから高学年になり、難しい時期にさしかかるのかもしれませんが、今と変わらない純粋な信仰を変わらず持ち続けられますように。まっすぐに歩んでいけますように、祈ります。
最後に、igりんの好きな聖句として証しで引用していたみことばを書きます。

「この天地は滅び去ります。しかし、わたしのことばは決して滅びることがありません。」マタイ24:35
| 子育て | 19:35 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
igりんのバプテスマ
12月29日(日)、igりん(小4)のバプテスマ式がありました。
お姉ちゃんや、同世代の仲良しさんたちは、ほとんど2年前に受けていたので、何か彼なりのタイミング、導きがあったのでしょう。

でも2年前には来ていなかったお友達がたくさん増え、この夏のバイブルキャンプでドドッと10人くらい一緒にバプテスマ決心をすることができました。感謝なことだなあと改めて思います。

先生のお話(エチオピアの宦官とピリポの話 使徒8:26〜)を聞いて、
「ぼくはもうイエス様を信じているので、バプテスマを受けたいと思いました。」

このシンプルな確信を、これからもず〜っと、持ち続けてほしいと思います。
イエス様を救い主として信じる者として、このイエス様に敵対する世の中で、しっかり立って生きていけますように。


主は、地上に人の悪が増大し、その心に計ることがみな、いつも悪いことだけに傾くのをご覧になった。それで主は、地上に人を造ったことを悔やみ、心を痛められた。

しかし、ノアは、主の心にかなっていた。

ノアは、正しい人であって、その時代にあっても、全き人であった。ノアは神とともに歩んだ。
創世記6:5〜8

目に見えて日に日に堕落している世の中で、正しく聖書のみことばに従って歩むことがますます困難な時代になりつつあると思います。私の若い頃より、今の若い子の取り巻く環境は明らかに堕落しています。しかしそんな時代にあっても、ノアのように歩めますように。これが私の願いでもありますし、これからを生きる子どもたちへの願い、祈りです。

 
| 子育て | 10:30 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
igりんオモシロ語録2
 ずいぶん前に「みゅうきんタンス」の話を書きましたが、そんな話です。

ミスタードーナツの話題の最中に、igりんが急に言いました。

「ぼくポテロングが好き!」

????ポテロング?今ミスタードーナツの話じゃなかったっけ。

「ポテロング?え、今何の話してるの?」

「だからー、ミスタードーナツの中で、ぼくが好きなのは、ポテロングなの!」

???? アタマフル回転中 … … … わかった!

「わかった、それ、ポンデリングでしょ!」

「あ〜あ〜あ〜(笑)、そうそう!ポンデリングが好き!」

相変わらずです。igりんはなんとなく感覚で覚えた言葉を恐れずに適当に口に出して言っちゃうので、時々おもしろいことを言います。その数分後も、

「ぼくの好きなポンデライオンがね…」

「だからポンデリングや〜!ポンデライオンはポンデリングのマスコットキャラクターやろ〜!」

「あ〜(笑)そうそう、ポンデリング。」

他にも色々あるんですけど、忘れてしまいました。久々にヒットだったので記念に覚え書き。



| 子育て | 23:12 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
ayuちん 家族にお茶をふるまうの巻
 5年生のayuちんは、先日学校で初めての調理実習がありました。何をしたかというと、

「お茶をいれて、先生が作ってきたようかんを切って食べる。」

という内容でした。けっこうですなあ〜

「調理実習で習ってきたことは、おうちでもやることにしようね〜!」と、小学生時代調理実習では皿洗い専門で何にも身に付かなかった私がヌケヌケとそういうと、ayuちんは意外にあっさりと「わかった」と快諾してくれました。

ある夕食後、少しゆとりがあった時に、お茶をいれてくれることになりました。

冷凍庫に眠っていた新茶の缶を自分で出して来て(なんで知っているんだ!?)、水を計量カップではかってお湯をわかし、なにやら計量スプーンでお茶の葉をはかり、ayuちんセレクトのゆのみとコースター(うちはちゃんとした茶托がないので…)を出し、順番に少しずつまわし入れてくれました。

「ママ、ゆっくりしといてね!

つい席を立ってあれこれ家事をする私に声かけしてくれる娘のこのひとことが、うれしかったですね〜。なので、お言葉に甘えて、席について、ayuちんのお茶が出来上がるのをゆっくり待たせていただきました。

4人分のお茶がはいり、優雅なお茶タイムとなりました。

ちょうどあったおまんじゅうと一緒に頂きました。少し濃いめで、弟のiguりんなどは「ニガっ!」と憎まれ口をたたいていましたが、甘いおまんじゅうのあとにいただく濃いめの緑茶が、お口の中の後味をスッキリさせてくれて、たいへん美味でした。いつも夕食後はなぜだかバタバタしてばかりで、お茶をゆっくり味わうなんて、あんまりなかったなあ〜、ぜいたくな気分だなあ〜と思いました。たまにはこういうのもいいね。ayuちんありがとう!

次の日は母の日で、パパちんがロールケーキを買って来てくれました。紅茶をいれようと思ったけど、なんだか母の日の主役が自分でいれるのもの変だよなあ〜と思い、「ayuち〜ん、今日は母の日だからさあ、昨日みたいに紅茶いれてくれへん?お茶の葉を紅茶のティーバッグにするだけだからさ〜」と言ってみると、「いいよ」と引き受けてくれました。ヤッタ!

「ママ、ゆっくりしといてね!」とまたまたあの名セリフを言ってくれました。これですよ!これですよ母の日は! …私、独身時代に母にこんなことしたことあったかな…


娘がいれてくれた紅茶とパパちんが買ってきてくれたケーキで、至福の母の日となりました

p.s. ちなみに次の調理実習は「温野菜サラダ」で、ayuちんはソースを作る担当になったそうです。楽しみです…





| 子育て | 23:25 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
クッキングayuちん
 最近ayuちんが、料理をします。

先日、ふだんは料理をしないパパがササッとご飯を作ってくれたことに触発されたのでしょうか。そして私の料理がいまひとつだからでしょうか!?

今まで作ってくれたのは、白菜炒め、キャベツ炒めです。

冷蔵庫をのぞいて、白菜を見つけて、「これ使ってもいい〜?」といってとりだし、ザクザク切り、フライパンに油をしき、点火し、火加減を調節し、塩こしょうやガラスープの素、時にソース、時に昆布だしの素、など自分流に研究して味付けして、ガシャガシャといためて、食器棚から自分で選んだお皿に盛りつけてできあがり。これを全部ひとりでやってます。

できあがったものを味見して、「味が薄い」とやりなおしたり、「ちょっと濃いかな?」などと自分なりに評価しております。

今まで何度か一緒に焼うどんを作ったりしたことはありますが、え、なに、こんなにひとりでできるの、いつのまに!?と驚いている今日この頃です。

昨日も、私はシチューを作ったのですが、あと一品思いつかないので、「ayuちんのキャベツ炒め作って〜」と言ってみたら、「いいよ。」といってサッサと作ってくれました。なんて頼もしいんでしょう!4年生ってこんなことができるんですね。世の中にはスゴい料理上手な小学生もいますが、私を基準にして考えると、私は結婚が決まるまで料理とは縁のない生活をしていましたので、誰に言われるからでもなく自分から台所に立ってチャッチャカ料理を作っているayuちんをみていると、ただただ「スんゴいなあ〜!」と脱帽しています。



| 子育て | 14:11 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
ayuちんのバプテスマ
 11月にayuちんがバプテスマ(いわゆる洗礼式)を受けました。

ayuちんはまだまだ子どもではありますが、自分なりの信仰をしっかり持っていると思います。私などは子どもの頃、教会に通い、一応信じてはいたものの、あまりはっきりしない信仰でしたので、ayuちんを見ていて、子どもでもちゃんと自分の信仰というものを持てるんだなあ、と教えられています。

昨年教会の近くに引っ越して、校区内に教会があり、またイエス様を信じていることを友達に知られたくない、と思う微妙な年齢にもなり、信仰の葛藤が多くなってきていました。

でもある日、日曜学校でみことばから教えられてはげまされた、という話を聞いて、感謝でした。また、ふだんは神様の話を出すと「またか…」という感じでウザったそうにすることも多いですが、ココぞという場面では「祈って!」と頼んできて、「アーメン!」と必死で祈ります。そうして一緒に祈ると安心して眠ります。(こういう話をするのは寝る前が多いです)

そんなayuちんの信仰模様が率直に表されている証しでしたので、記念にここに載せておこうと思います。

これから難しい思春期を通り、成人していきます。でもこれからも、この証しに書いているのと同じように、みことばからはげまされて、また祈って平安を頂き、恵みを感じて、イエス様から離れないで、イエス様と一緒に歩んでいくことができますように、と思います。



「私がイエス様を信じたのは、3才7ヶ月の時です。
このように私は小さい時からイエス様を信じていましたが、最近、教会に行くのがはずかしくなる時もありました。また教会に行って、色々な行事に出られなくなった時もあったので、大人になってからイエス様を信じたほうが得だ、と思うこともありました。

けどマタイの福音書20章1〜16節の「ぶどう園の働き人」というおはなしを子どもクラスで聞きました。そのおはなしは、一日中働いていた人がもらうお金と、最後の1時間くらいしか働いていない人がもらうお金が一緒と、一日中働いていた人は腹を立てました、というお話です。

その人は、私と同じだな、と思いました。でも先生のおはなしをきき、子どもの時にイエス様を信じた私は、子どもの時から日々イエス様に祈ることができて、安心して生きれることは幸いなことであり、そんではないと教えられました。私は、はやくからイエス様を信じていることがそんしたように思える時は、「ぶどう園の働き人」のおはなしを思い出して、はげまされています。

私がバプテスマの決心をした時は、今年のバイブルキャンプです。岡崎真紀先生のおはなしで、「イエス様を心の中で信じているだけではなく、そのことをみんなの前でもあかしすること」を教えられて、決心しました。その時あかしできるか少し不安でした。でも今では、バプテスマの決心ができて、本当によかったなと思います。最後に好きなみことばを読みます。

「あなたがたの会った試練はみな人の知らないようなものではありません。神は真実な方ですから、あなたがたを耐えることのできないような試練に会わせるようなことはなさいません。むしろ、耐えることのできるように、試練とともに、脱出の道も備えてくださいます。」
コリント人への手紙第1 10章13節

ここまで導いてくださったイエス様と、お祈りをしてくださったみなさんに感謝しています。これからもよろしくお願いします。 」



| 子育て | 10:33 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
愛ときびしさのバランスって難しいなあ *
最近ドブソン博士の「意志の強い子」を読んで、覚えておきたく思ったことば。 


そこで学んだもっとも重要な教訓とは、自尊心(あるいは自己嫌悪)と反抗の関係です。教えつつ、一人一人を心底大切にしてあげるなら、どのような規則をも課すことができることをすぐに悟りました。…

特に、私に歯向かってきた生徒にはきびしくしましたが、礼儀は守り、いじわるも侮辱もしませんでした。弱い者を守り、生徒一人一人が自信と自尊心を保てるように粘り強く努力しました。

第9章 思春期 より


そんな簡単にいくかなあとも思いつつ、心に残ったことばです。歯向かう者に対しきびしくしつつ、礼儀を守り、いじわるも侮辱もしない…このメリハリは結構難しいです(少なくとも私は)。それこそ粘り強い努力、忍耐、犠牲が必要だなと思います。でもその人が矯正されるには、矯正する側の、その人を心底大切にして礼儀を守る態度、その継続的な粘り強い忍耐が必要不可欠だと教えられました。


(スパンクについて)問題行為を矯正すると同時に、親は少なくとも同じくらい良いことをほめ、励まさなくてはならない。

おしりに1、2回する。そのあと子どもを抱きしめ、何がまちがったのか、どうしたらいいのかを教えて納得させる。

第7章 体罰について より

少なくとも同じくらい(ってことは、ほめるほうが多いくらいの印象ををあたえることがたいせつなんでしょうね)良いことをほめ、励まさなくてはならない。叱ったあと抱きしめて、その子を愛をもって受けとめていることを互いに確認する。私はこのあたりがなかなかうまくできなくて、足りないと思います。頭ではわかっていて、そうしようとは思っているのですが…。子育てって本当に自分の人間性の限界、本性を思い知らされます。

このことは意識してしていきたいと思っています。


| 子育て | 23:14 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
最近のayuちん*
最近聖書が続いたので,今日はブレイクして、最近の ayuちんのおもしろ話を書いてみようと思います。

ayuちんは喜怒哀楽の感情表現がストレートです。
これが良いほうへ働くと、人を励ましたり,喜ばせたりということを,ものすごくダイレクトに、パンパーンとやってのけます。

例えば,手紙を書くのが好きで、思い立ったらすぐに書きます。教会で,今日はだれだれの誕生日,と聞くと,「お手紙書こっかな〜」といって、いそいそと書き出して、渡します。誰々が今日で最後,と聞くと,これまた「お手紙書こっかな〜」といって、いそいそと書き出して渡す…そんな調子です。そんなちょっとした手紙ですが,多くの方々が喜んでくださるのを見て来ました。ちょっとした善意でも,ちょっとした行動に移すと,行動に移さないで思っているだけでいるのとは全然違う結果をもたらしますね。

先日まで日本全国の方々が覚えるほどに聞いたACの広告にありました。
「思い」は見えないけれど,「思いやり」は誰にでも見える…!!
行動に移すときに思いが伝わって,人とのあたたかい関わりが広がる…ayuちんを見ていてそれを教えられます。


ところで今回書こうと思ったこと二つ。

① ババへの手紙 自作川柳つき!

ババというのは東京にいる,ayuちんの母方の曾祖母のことです。東京へ行ったおばあちゃんが預かって来てくれたお小遣いをもらって、お礼の手紙を書きました。内容は、全体的に「♡ババだいすき♡」て感じのノリですね。その中で,「はげまし川柳」というのを書いていておもしろかったので,これだけ忘れないうちにナイショで書かせて頂きます。ナイショですよ〜!

がんばって
 ババのじんせい
 長いはず

これは、ひ孫に言われたらうれしいんじゃないでしょうか!?高齢の方が言われてうれしいツボをおさえているのでは。おまけに、純和風な「ししおどし」の絵が描き添えてあります…
おぬし、なかなかやるな!


② 母の日メダル

母の日に,「母の日メダル」というのをかわいいメモ帳に書いて、くれました。お手伝い券の変化系ですね。

今しゅうするおてつだい
(母の日だから)

月メダル おふろそうじ
火メダル  かたたたき
水メダル    足もみ
木メダル しらがさがし
金メダル トイレそうじ
土メダル ふとんたたみ

まましかもらえない


これまた母の喜ぶツボを押さえてますね〜!!そして、ほんとによろこんで自発的に実行してくれました。うれしかったですね〜。肩たたきや足もみでは、「最近疲れてるんですかあ?」みたいなマッサージ師風トークつき(笑)で、すっかりお客さん気分で楽しみました。ふとんたたみは、私よりもキレ〜イにたたんであって、出す時に旅館の布団を出すような気分でした。
ayuちんありがとうよ〜〜
「今しゅう」といわず,ぜひまたやっておくれ〜〜






| 子育て | 23:37 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
怒るだけの警官ならこわくない *子育てのヒント
 警官は、あなたの行動を変えようと怒りに訴えることはしません。もっと効果的な方法があるからです。警官が落ち着き、自信に満ちているので、人はそこに権威を感じ、尊敬さえしたくなります。しかし、彼がそれを知らず、泣き叫んだらどうでしょう。「どうして規則を守ってくれないんだ。もぉ〜う知らない。こんな違反をしちゃいかんと何度も何度も言ったじゃないか。俺たちが何をしようと、おまえら全然言うことを聞かないんだから〜」そして真っ赤な顔でつけ加える。「いいか、もう我慢がならない。おい聞いてんのか?今に後悔することになるぞ!」

言いたいことはお分かりですね。何か痛い目にあうというのでない限り、怒りをぶちまけても子どもは変わりません。それとは対照的に、懲らしめは行動を一変させます。怒りには効果がないばかりか、むしろ軽蔑を招き、親への尊敬を失わせると私は思います。子どもの目には、親が怒るのは、どうにもならないからだと映ります。子どもにとっては、われわれ親こそが正義なのに、その親がやたらと手を振り回し、涙を流さんばかりにして空しい脅迫を繰り返すだけなのです。

親や教師は、ありのままの感情を子どもに見せたらいけない、というのではありません。
…略…ただ、怒りを子どもの振る舞いをただす最後の手段としてはならないということです。

 

穏やかに言っても無視した時は、子どもが協力したくなるような手段をとらなければなりません。こういう方法があります。首のつけ根にある筋肉で、解剖学の本には僧帽筋とありますが、これを強くつかむと、「これは痛い、二度とこんなことはごめんだ」というメッセージを脳に送ります。この痛みは一時的で、私が言うようにしたら害はありません。しかし、子どもが明らかに命令を無視した時は、これが親の頼みの綱になります。

ジェームス・C・ドブソン 「意志の強い子」


ドブソン先生の本は、かじり読み程度しか読んでいませんでしたが、思うところあって拾い読みしたこの箇所が私の心をつかみました!

警官のたとえがわかりやすかったです。今までホンットに最終的な罰としてお尻を叩いていましたが、そこに至るまでのプロセスで、どれだけ怒り、大声を出して来たことでしょうか…。それに比べて警官は、至って冷静に、法に従って罰を与えるのみ。確かに、ギャアギャア怒るだけの警官だったら、恐くもなんともないですね。

で、痛い目にあわせるということで、この「僧帽筋をギュ!」作戦を、警官になったつもりで冷静に実行してみました。子どもにはこれからこうすると説明した上でです。う〜ん、これがなかなかどうして、怒ることが減って、ストレスが減ったように思います。昨日もayuちんが、「ギューするようになってから、ママとケンカすることが減った」と洗面所でポロッと言っていました。意外に、なんとなく喜んでいるようすでした。

すごいなあ〜、ドブソン先生。役に立ちました〜!









| 子育て | 16:54 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
| 1/2PAGES | >>