CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
<< それはわざわいではない | main | 心の空気清浄機 >>
日曜日 はえある主の日
ある日曜日の朝、私の心には不安がたちこめていました。
教会では様々な責任があり、プレッシャーがあり、恐れがあり、不安があり…
そんな中で、最近教えられたのは、
 
日曜日は「主の日」だ
ということを覚えることです。
 
天地を造られた偉大なる神様をたたえる。

十字架にかかってくださった救い主イエスキリストに、感謝する。

罪の赦しを、神との和解を、永遠のいのちを、天国の希望を感謝する。

思い切り賛美し、感謝し、ただ主を仰ぎ見、主を思う。

そのことに没頭する。そのための日。

そう思って、他のことはさておき、そのことに没頭すると、心に主にある喜びがパア〜とわいてきました。

 
「教会の日」というよりも、主の日。
まして「奉仕当番の日」ではない汗
「教会に行かなきゃいけない日」が来た…ではなく、
はえある主の日、この日ばかりは他のことを忘れて、天を見上げることに没頭し、思い切り主を賛美し、喜び楽しもう
主にある兄姉みんなで主を礼拝できるこの日を喜び楽しもう!
 
これは、主が設けられた日である。この日を楽しみ喜ぼう。
詩篇118:24

感謝しつつ、主の門に、
賛美しつつ、その大庭に、はいれ。
詩篇100:4

もし、あなたが安息日に出歩くことをやめ、
わたしの聖日に自分の好むことをせず、
安息日を「喜びの日」と呼び、
主の聖日を「はえある日」と呼び、
これを尊んで旅をせず、
自分の好むことを求めず、むだ口を慎むなら、
そのとき、あなたは主をあなたの喜びとしよう。
イザヤ58:13
私は一つのことを主に願った。
私はそれを求めている。
私のいのちの日の限り、主の家に住むことを。
主の麗しさを仰ぎ見、
その宮で、思いにふける、そのために。
詩篇27:4
 
| 聖書 | 23:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://akiko.eriya.jp/trackback/131
トラックバック