<< 心の空気清浄機 | main | 苦しみの重さを思いはかる 〜ヨブ記〜 >>
igりんのバプテスマ
12月29日(日)、igりん(小4)のバプテスマ式がありました。
お姉ちゃんや、同世代の仲良しさんたちは、ほとんど2年前に受けていたので、何か彼なりのタイミング、導きがあったのでしょう。

でも2年前には来ていなかったお友達がたくさん増え、この夏のバイブルキャンプでドドッと10人くらい一緒にバプテスマ決心をすることができました。感謝なことだなあと改めて思います。

先生のお話(エチオピアの宦官とピリポの話 使徒8:26〜)を聞いて、
「ぼくはもうイエス様を信じているので、バプテスマを受けたいと思いました。」

このシンプルな確信を、これからもず〜っと、持ち続けてほしいと思います。
イエス様を救い主として信じる者として、このイエス様に敵対する世の中で、しっかり立って生きていけますように。


主は、地上に人の悪が増大し、その心に計ることがみな、いつも悪いことだけに傾くのをご覧になった。それで主は、地上に人を造ったことを悔やみ、心を痛められた。

しかし、ノアは、主の心にかなっていた。

ノアは、正しい人であって、その時代にあっても、全き人であった。ノアは神とともに歩んだ。
創世記6:5〜8

目に見えて日に日に堕落している世の中で、正しく聖書のみことばに従って歩むことがますます困難な時代になりつつあると思います。私の若い頃より、今の若い子の取り巻く環境は明らかに堕落しています。しかしそんな時代にあっても、ノアのように歩めますように。これが私の願いでもありますし、これからを生きる子どもたちへの願い、祈りです。

 
| 子育て | 10:30 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://akiko.eriya.jp/trackback/134
トラックバック