CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
<< パセリと青しそ*今月の小ネタシリーズ | main | 祈ってたら神様が教えてくれはるンや >>
「肉」に「ノー」と言う
ある日、何か良い本を読んでみたいという思いがわいてきたので、家にあった「聖霊に導かれて進もう」ー井戸垣彰著ーを読みました。
なぜその本かというと、ラベルに「待望の良書復刊」と書いてあったので、きっと良い本のはずだ!と思ったからです(←単純)。

ひとことで言えば、とてもおもしろい(興味深い)本で、あっというまに読めました。

読み終わって心に残ったのは、結局のところ問題は、周囲との戦いではなく、自分との戦いなんだ、ということです。そう思ったら、なぜだかかえって気が楽になりました。心の向かうべきところに心が向いたということでしょうか。

どんなに大きな問題があったとしても、大事なのは、そこで自分がどうするか、ということです。

聖書で言う「肉」(生まれつき人間が持っている罪の思い)の問題がテーマで、一見難しそうに見えますが、クリスチャン諸先輩方の失敗談、経験談が正直に書かれていて、自分の生活と照らし合わせながら、「肉」の問題を身近な自分の問題として読むことができます。
以下いくつか抜粋。

「肉」の支配から解放していただいた。しかし「肉」は残っている。そしてこの残っている「肉」が、キリスト者生活の諸問題の根本である。では、私たちにとって大事なことは何か。
「ですから、兄弟たち。私たちは、肉に従って歩む責任を、肉に対して負ってはいません。」(第1ペテロ2:12)
この残っている「肉」のありのままの姿を直視すること、そしてそれに対し、聖霊によって「ノー」と言うことではないだろうか。


私たちを幼子から成人へと成長させてくださるのは、内に住んでおられる聖霊である。しかし、ただ時間さえ経過すれば、自動的に成長するというのではない(ヘブル5:12)私たち自身が、「肉」の声と、また聖霊のみ声の中にあって、自分で、聖霊のみ声に従う道を選び取っていくこと、逆に言えば、「肉」に「ノー」と言うことによって、聖霊は働いてくださるのである。


「肉」を見分け、「ノー」と言い、進んで聖霊のみ声に聞き従っていくことができる。そしてそのようにするとき、私たちは、キリストに似た者へと変えられていく。



「肉」に「ノー」と言う。
聖霊に従う道を「選ぶ」。
「肉」に従う責任は負っていない。

このようなことが印象に残りました。覚えておきたいと思います。
上記の抜粋はちょっと難しい感じになってしまいましたが、色々な経験談が、ほんとに誰にでもわかりやすくていいんですよ。
また読みたいと思う本でした。



 
| いいことば | 23:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://akiko.eriya.jp/trackback/144
トラックバック