<< 割り当てられている人たち | main | 霊的な働きの成功は祈ることにかかっている >>
偉大な指導者は忍耐する

「また、あなたのそばには、バフリムの出のベニヤミン人ゲラの子シムイがいる。彼は、私がマハナイムに行ったとき、非常に激しく私をのろった。しかし、彼は私を迎えにヨルダン川に下って来たので、私は主にかけて、「あなたを剣で殺さない。」と言って彼に誓った。

 だが、今は、彼を罪のない者としてはならない。あなたは知恵のある人だから、彼にどうすれば彼のしらが頭を血に染めてよみに下らせるかを知るようになろう。」第1列王記2:8、9

 

 

 

ダビデ王は、多くの敵と戦ってきました。また、身内にも悩まされてきました。

晩年のダビデはここで、後継者ソロモンに、謀反を起こす可能性のある者の名前を挙げて、知恵をもって処罰するようにと助言しました。

 

権力世界の厳しさを感じる所ですが、私は今回、ダビデ王のそれまでのふところの大きさが教えられました。

ダビデが最も辛く苦しい時に、ダビデをののしり、石を投げてきたシムイ。

その他、勇敢な軍団長だったけれどもダビデの命令に従わないところのあるヨアブ。

そのような人たちを、何らかの策略があったのかもしれませんが、とりあえず自分の在位中は、自分の配下に置いたまま、軍を統率し、国を導いてきたわけです。

 

世の独裁者は、自分に対して良くない態度をする者、またはそのように疑われる者を、すぐに粛清します。指導者としてやりにくいからでしょう。しかしダビデはそうしませんでした。

 

何らかの難しさのある人を、自分の配下に置きながらも、力強く導いていける人が、本当に偉大な指導者なのだと教えられました。それは簡単ではないと思いますが、ダビデは主に依り頼み、主の知恵と力をいただいて、それができたのだと思いました。

 

| 聖書 | 23:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://akiko.eriya.jp/trackback/158
トラックバック