<< 霊的な働きの成功は祈ることにかかっている | main |
ホロコーストの陰にダーウィンの影響があるという話

 

先日NHKスペシャルで、ナチス・ドイツのユダヤ人虐殺の前に、精神病者などの虐殺が先に行われていたことを見ました。

以下要約。

 

…ダーウィン(1809〜1882)の「種の起源」にある、強いものが生き残り、弱いものが消えていくという自然界の摂理を説いたものを、人間に当てはめ、劣等な人間は淘汰される、としたのが社会的ダーウィニズムである。こうした思想は優秀な遺伝的素質を持つ人間だけを残そうとする「優生学」と結びつき、世界中に広まった。ヒトラーはこの思想に目をつけ、国民全体を良くするためには無価値な者は殺してもよいとし、「遺伝病の子孫を予防する法律」通称「断種法」の制定や、治る見込みのない病人や障がい者は生きる価値がないので殺してもよいとする「T4作戦」を実行した。たくさんの人を一度に安楽死させるため、ガス室が作られ、ドイツ国内に何箇所もそのための施設が作られた。満員のバスが連日施設に向かうのに、帰りのバスはいつも空っぽ。施設の煙突からは毎日黒い煙がのぼり、いやな匂いがただよっていた。町の人は何かおかしいと気づきながらも誰も何も言えなかった。携わっていた医療従事者は、正しいことをしていると教え込まれていた。そういうことがあったので、ユダヤ人大虐殺に安易に移行しやすかった。…

 

ダーウィンは、「種の起源」を書いたときにはまさかこんなことになるとは夢にも思っていなかったと思いますが、やはり進化論には、危険な要素があると言わざるをえないと改めて思いました。

聖書にはこうあります。

 

初めに、神が天と地を創造した。(創世記1:1)

 

神は、その種類にしたがって野の獣、その種類にしたがって家畜、…略… を造られた。神は見て、それを良しとされた。(創世記1:25)

 

「先生。彼が盲目に生まれついたのは、だれが罪を犯したからですか。この人ですか。その両親ですか。」

イエスは答えられた。「この人が罪を犯したのでもなく、両親でもありません。神のわざがこの人に現われるためです。」(ヨハネの福音書9:2〜3)

 

からだの中で比較的に弱いと見られる器官が、かえってなくてはならないものなのです。(第1コリント12:22)

 

などなど

 

 

別の話になりますが、iPS細胞でノーベル賞を受賞した山中教授が、iPS細胞の働きについて「すごいですね〜!!」と人から言われた時に、ぼそっとこう答えていました。

 

「私は神様のまねをしているだけです。」

 

この方は、研究をすればするほど、人間の体のつくりのすごさに驚き、これを造った神はすごいと驚き、神の造ったすごいシステムを少しでもみならってより良い医療にしようと謙虚に研究されているのだなあと思いました。

 

進化論者は、創造論を非科学的だとばかにしますが、やっぱり真の科学者というものは、世界を創造した神に驚き、神に敬意を表するものではないかなあ、と思った二つのことでした。

| - | 22:34 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://akiko.eriya.jp/trackback/159
トラックバック