<< しっかり悩む  | main | 家事について、いつも励まされることば >>
クッキングayuちん
 最近ayuちんが、料理をします。

先日、ふだんは料理をしないパパがササッとご飯を作ってくれたことに触発されたのでしょうか。そして私の料理がいまひとつだからでしょうか!?

今まで作ってくれたのは、白菜炒め、キャベツ炒めです。

冷蔵庫をのぞいて、白菜を見つけて、「これ使ってもいい〜?」といってとりだし、ザクザク切り、フライパンに油をしき、点火し、火加減を調節し、塩こしょうやガラスープの素、時にソース、時に昆布だしの素、など自分流に研究して味付けして、ガシャガシャといためて、食器棚から自分で選んだお皿に盛りつけてできあがり。これを全部ひとりでやってます。

できあがったものを味見して、「味が薄い」とやりなおしたり、「ちょっと濃いかな?」などと自分なりに評価しております。

今まで何度か一緒に焼うどんを作ったりしたことはありますが、え、なに、こんなにひとりでできるの、いつのまに!?と驚いている今日この頃です。

昨日も、私はシチューを作ったのですが、あと一品思いつかないので、「ayuちんのキャベツ炒め作って〜」と言ってみたら、「いいよ。」といってサッサと作ってくれました。なんて頼もしいんでしょう!4年生ってこんなことができるんですね。世の中にはスゴい料理上手な小学生もいますが、私を基準にして考えると、私は結婚が決まるまで料理とは縁のない生活をしていましたので、誰に言われるからでもなく自分から台所に立ってチャッチャカ料理を作っているayuちんをみていると、ただただ「スんゴいなあ〜!」と脱帽しています。



| 子育て | 14:11 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://akiko.eriya.jp/trackback/97
トラックバック